生活保護に関する様々なこと

コロナ禍支援情報
コロナ禍支援情報

『生活保護の申請は国民の権利です』(厚生労働省より)

日本の厚生労働省は2020年12月22日、厚生労働省ホームページにおいてついに『生活保護の申請は国民の権利です。生活保護を必要とする可能性はどなたにもあるものですので、ためらわずにご相談ください。』と、生活が苦しく支援が必要な方はためらわずに生活保護の申請を行うよう促すメッセージを掲載しました。

オンライン生活保護申請システム『フミダン』が提供開始されました

一般社団法人つくろい東京ファンド(代表:稲葉剛)は、オンラインで生活保護申請書類が簡単に作成できるウェブサービス「フミダン」を開始しました。

オンライン生活保護申請システム「フミダン」

「フミダン」で以下のことができます。

① オンラインの質問フォームを埋めていくだけで、簡単に生活保護申請書類が作成。PDF形式でダウンロードし、それを印刷し福祉事務所へ自分の手で提出することで、生活保護の申請ができる。

② 東京都23区の福祉事務所へ、作成した申請書類をオンライン上から直接FAXで送信、オンラインでの生活保護のFAX申請ができる。

詳しい説明は以下(つくろい東京ファンド)をご覧ください。

生活保護を受けると車も手放さなければならない、と言うのは誤解。持ち家も。家賃滞納でアパートを追い出される前に生活保護を申請しよう

困窮状態に陥った方が生活保護の申請をためらうことがないように厚生労働省は、自動車などの保有を一定の条件のもと認めるよう、再三にわたって全国の福祉課へ指示・指導をしています。

特に地方では自動車は生活になくてはならない「足」であり、車なくして日常生活を送ることはほとんど不可能であるという現実があります。

であるにも関わらず、自動車を保有していることを理由に生活保護申請を拒否するなど、福祉事務所の窓口現場では依然、不適切な対応がなされているケースが多々あるというのが実態です。

以下の藤田孝典さん(社会福祉士)の記事では、自動車の保有と生活保護制度に関して言及されているとともに、相談先リストも記載されていますので、生活保護申請についてお悩みの方・申請が通らず拒否されたりした方はぜひ連絡を取ってみてください。

また、以下の記事の『持ち家に住んでいても生活保護は受けられる』の項にあるとおり、売却するよりも居住のために使用した方が価値が高いのであれば、持ち家の保有が認められているので、福祉課に事情をしっかり説明した上で生活保護を申請しましょう。

さらに、お金がなく家賃が払えない状態になったり、すでに家賃滞納している状態でも、生活保護によって礼金・敷金・手数料などの転居費用が支給されます。現在入居しているアパートの部屋を出なければならない、と急ぐ前にまずは生活保護の申請を検討してみてください。

以下、記事内からの引用です。

通勤用自動車は期間限定で保有できる

通勤用自動車の保有については、「新型コロナウイルス感染防止等のための生活保護業務等における対応について」(令和2年4月7日付厚生労働省社会・援護局保護課事務連 絡(5月 26 日付事務連絡の別添1)の2の(2)で留意点をお示ししているところであるが、保護開始時において保有を認めた通勤用自動車については、10 月以降、順次、課長通知第3の問9-2に定める6箇月が経過することになる。 しかしながら、現下の状況を鑑みると、引き続き就労が途絶えている場合も多いと思料されることから、こうした被保護者に対しては、同課長通知に準じ、保護開始時から概ね1年を目途に引き続き同様の対応を実施されたい。

つまり、生活保護申請から当面の間、自動車の保有を認めている。

公共交通機関がない場所は言うまでもなく、都市部でも仕事探しや就労、子育てのために自動車が欠かせない場合もある。

自動車を手放した場合、再度取得することは難しいこともあり、限定的に保有やその活用を認めている。

だから、生活保護を受けると車も手放さなければならない、と言うのは誤解である。 生活保護申請の際に、福祉課には就労のために必要だと説明をしてほしい。

Yahoo!ニュース記事「実は生活保護制度では自動車保有を認めたり、親族への連絡をしない事例が増加 生活保護申請も検討を

生活保護制度は「住居喪失」を止めるために使える制度

家賃滞納が発生したり、家賃支払いが困難である場合、すぐに生活保護申請を検討してほしい。 なるべく住居確保給付金ではなく、生活保護制度の利用である。生活保護制度は原則として、14日以内に審査をおこない、決定をおこなう。

ましてや、緊急事態宣言下なので、厚生労働省も審査を簡略化し、早期の支給を促している状況だ。 その生活保護申請の場合も家から出ない状態での生活保護申請が大事になる。

すでに退去勧告、立ち退き要請がある場合は、すぐに立ち退くことをせず、その書面を持って、お住まいの役所の福祉課に相談に行ってほしい。

実はあまり知られていないが、生活保護制度は、住居喪失の恐れがある場合に、敷金・礼金・仲介手数料・連帯保証料などを給付し、新しい住居契約をするように促す仕組みでもある。

前述した住居確保給付金制度にはない優れた仕組みである。 だから住居喪失の恐れがある場合には生活保護申請の方がよい。

Yahoo!ニュース記事「実は生活保護制度では礼金・敷金・手数料など転居費用を給付 アパートを追い出される前に生活保護申請を

住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人である稲葉剛さんは、『コロナ禍で自動車の保有は若干、緩和されていますが、地方の現状に合わせてさらなる緩和が必要』と、生活保護制度をより利用しやすいものとするよう制度運用の改善を訴えています。

借金・ローンと生活保護の関係

生活保護の受給要件に借金は関係ないものの、生活保護費自体は衣食住といった「最低限度の生活」のために支給されるお金のため、それを借金の返済に使うことはできません。

生活保護費で借金を返済したり、新たな借金をして発覚した場合は、不正受給とみなされ生活保護費の支給が停止・打ち切りになる可能性が高いです。

参考:債務整理・相談広場『生活保護で借金は消えない|受給中の返済や新たな借入は厳禁!』

現在ある借金に関しては、弁護士などと相談して債務整理を行うことによって解決する方法があります。

※債務整理とは……借金がかさんで返済ができなくなった人を救済するための手続き。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があり、借金を減額したりゼロにしたりできる。ただしそれぞれの方法にメリットとデメリットがある。

弁護士に相談すればあなたにとって最適な債務整理方法を教えてくれます。「法テラス(日本司法支援センター)」では弁護士が無料で相談を受け付けています。

コロナウイルス感染症対策のため、法テラスは現在電話・オンラインによる無料法律相談も実施しています

低所得であれば弁護士費用も立て替えや免除が可能となります。

全国に事務所がありますので、お近くの法テラスに連絡を取ってみてください。

参考:借金で本当に困ったときは法テラスに相談すべし

扶養照会について

また、生活保護申請の際には「扶養照会」と言われる、親族へ扶養ができないかの連絡が行く仕組みがあります。

支援団体の一部や活動家の方は扶養照会そのものを完全に廃止するよう要請していますがまだ実現していません。

この「扶養照会」があるがために、生活保護の申請をためらっていた方も多いのではないかと思います。

しかしながら最近、扶養照会の撤廃を要求する支援関係者の動きに呼応する形で運用が見直され、扶養照会を行うかどうかは本人の意向を尊重し、照会を行うのは「扶養が期待できる場合」のみに限られることになりました。

今回の変更の少し前にも、以下のようなケースに当てはまる場合は扶養照会を止めてもらうことができるようになっていました。

  • 親族と10年程度連絡をとっていない(これまでの運用では20年)
  • 親族に借金を重ねていたり、相続で対立したりするなど著しく関係がよくない
  • 親族がDVや虐待の加害者
  • 扶養者が未成年者・主婦・概ね70歳以上など明らかに仕送りが期待できない場合

今回の運用変更により、上記のケースに該当しているかどうかに関わらず、親族による扶養が期待できない場合は扶養照会を止めてもらうことができるようになりました。

ですので、ご自身のケースが「親族による扶養は期待できない」場合に該当すると思われる方は、その旨を窓口担当者にしっかり伝えて扶養照会をやめてもらうように伝えてください。

※残念ながら現時点では、まだまだ古い運用のままで機械的に扶養照会を行っている自治体も多いようです。

念の為、口頭での要求に加えて、以下のページにある『扶養照会に関する申出書』と『扶養照会に関する申出書添付シート』をプリントアウトして記入し、申請時に一緒に提出することをお勧めします。

虐待のケースに関する補足

虐待を受けていた方が自分自身が虐待被害者であると自覚していないケースも往々にしてあります。

ご自身が例えば心理的虐待のある家庭環境で育った・あるいは毒親のもとで育った可能性がないかも改めてチェックされてください。
(例:お前なんかさっさと死んでしまえ・お前は生まれてこなければよかったなど暴言を繰り返し言われていた、他の家族(母親や兄弟姉妹)への暴力を目の当たりにするような家庭環境だった、など)

以下、扶養照会が現実に機能していないという、現場で働いているケースワーカーさんの声。

扶養照会に関する参考記事

それでもどうしたらいいかわからなかったら藤田孝典さんに相談しよう

NPO法人ほっとプラス代表・社会福祉士の藤田孝典さんがTwitterで生活にお困りの方からのDMを受け付けています。

どうしたらいいのかわからない・生活や生活保護について相談したい方は藤田さんにTwitterでDMを送ってみましょう。

きっと生きるためにはどうしたらいいか、現実的な支援につながるアドバイスをもらえるはずです!

路上からもできる私の生活保護申請ガイド(PDFダウンロード)

生活保護を申請する際に事前知識があると役に立ちます。

書籍『路上からもできる私の生活保護申請ガイド』はPDFファイルにて無料でダウンロードできます。

まずはダウンロードしてみて申請手続きに何が必要か、どうすればよいのかを学んでみてください。

2017版路上からもできる私の生活保護申請ガイド.pdf

マンガでわかりやすく解説されています
福祉事務所で申請するときこう言われたらこう言おう!1
福祉事務所で申請するときこう言われたらこう言おう!2

日弁連パンフレット『あなたも使える生活保護』

日弁連(日本弁護士連合会)が制作した生活保護に関するパンフレット、『「実は少ししんどい」あなたへ あなたも使える生活保護』。

ご自身が生活保護の申請が可能かどうかお知りになりたい方はダウンロードしてご覧になってみてください。

巻末には生活保護申請書もついています。

持ち家があったり、車を所有している場合でも生活保護の申請は可能である点、親族の扶養は強制ではないことなど、生活保護に関するよくある誤解についても解説されています。

タイトルとURLをコピーしました