NPO法人ほっとプラス

支援団体
支援団体

NPO法人ほっとプラス

Yahoo!ニュースでも記事やコメントを積極的に投稿されている 社会福祉士の藤田孝典さんが代表のNPO。貧困問題に取り組むNPOの代表格と言ってもいいかもしれません。

団体概要

ウェブサイトほっとプラス
メッセージ生活・福祉の相談を無料でお受けしています。 住む場所がない、食べるものに困っている、解雇されてしまった、医療費に困っているなど・・・。 お気軽にご連絡ください。

相談窓口

相談内容ほっとプラスは、生活相談、日常生活支援、住まいの提供、ソーシャルアクションの4つを軸に活動しています。

【生活相談】ホームレス状態にある方や生活に不安のある方から相談を受け、ソーシャルワーカーが一緒に問題の解決を目指します。 生活相談の活動を見る

【日常生活支援】金銭管理や服薬管理など日常生活に不安がある方も地域で暮らしていけるよう、生活のお手伝いをしています。また食事提供・交流会などの居場所作りも行っています。

【住まいの提供】住居のない方に私たちが管理するアパートやシェルターの提供を行っています。また障害を抱えた方にはグループホームを提供しています。

【ソーシャルアクション】貧困問題の現状を社会に訴えるために、講演会や大学での講義、メディア出演、著書の出版、SNSを通じて社会発信を行っています。
電話相談番号048-687-0920
受付時間平日10:00〜17:00
相談フォーム相談フォーム

その他詳細

所在地埼玉県さいたま市見沼区風渡野359-3タウンコート七里1階
代表者藤田孝典(社会福祉士)
代表者Twitter藤田孝典Twitter
活動内容埼玉県さいたま市を拠点に、生活に困っている方・ホームレス状態にある方・社会的に弱い立場にある方への 支援活動をしている団体です。ソーシャルワーカーが中心となり、 生活や福祉に関する生活相談、福祉サービス利用支援、シェルター提供などを行っています。
TEL048-687-0920

代表者について

藤田孝典
NPO法人ほっとプラス理事 聖学院大学心理福祉学部客員准教授。社会福祉士。生活困窮者支援ソーシャルワーカー。専門は現代日本の貧困問題と生活支援。聖学院大学客員准教授。北海道医療大学臨床教授。四国学院大学客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。元・厚生労働省社会保障審議会特別部会委員(生活困窮者自立支援法)。生活相談・支援活動を行なう傍、執筆活動や講演活動、テレビ出演等などを通社会変革に向けて取り組んでいる。
 
Wikipedia(藤田孝典)

Yahoo!ニュース(藤田孝典の記事一覧)

Twitter(藤田孝典)

Facebook(藤田孝典)

YouTube(藤田TV)

 
著書に『棄民世代』(SB新書2020)『中高年ひきこもり』(扶桑社 2019)『貧困クライシス』(毎日新聞出版2017)『貧困世代』(講談社 2016)『下流老人』(朝日新聞出版 2015)。共著に『闘わなければ社会は壊れる』(岩波書店2019)『知りたい!ソーシャルワーカーの仕事』(岩波書店 2015)など多数。

地図

タイトルとURLをコピーしました