新型コロナ災害緊急アクション

支援団体
支援団体

新型コロナ災害緊急アクション

新型コロナ災害が拡大する中で、貧困問題を解決するために活動する団体(もやい・つくろい東京ファンド・TENOHASIPOSSEなど、合わせて30以上)により結成された、支援ネットワークです。生活にこまったらまずは相談してみましょう。

団体概要

ウェブサイト新型コロナ災害緊急アクション
メッセージコロナ災害から命と生活を守るために

相談窓口

相談内容新型コロナの影響で、お困りの方からのご相談を受け付けています。
相談フォーム相談フォーム

その他詳細

代表者瀬戸 大作(反貧困ネットワーク事務局長)
参加団体新型コロナ災害緊急アクションは、新型コロナ災害が拡大する中で、仕事を失う、住宅を失う、大学に通えない方が増える状況を踏まえ、反貧困ネットワークなど、貧困問題を解決するために活動する団体により急遽結成されました。
<参加団体>
あじいる/移住者と連帯する全国ネットワーク貧困対策プロジェクトチーム/一般社団法人エープラス/蒲田・大森野宿者夜回りの会(蒲田パト)/官製ワーキングプア研究会/企業組合あうん/共同連/くらしサポート・ウィズ/クルドを知る会/寿医療班/こども防災協会/コロナ災害対策自治体議員の会/サマリア/NPO法人さんきゅうハウス/市民自治をめざす三多摩議員ネット/奨学金問題対策全国会議/新型コロナすぎなみアクション/住まいの貧困に取り組むネットワーク/首都圏生活保護支援法律家ネットワーク/首都圏青年ユニオン/女性ユニオン東京/生活保護費大幅削減反対!三多摩アクション/生活保護問題対策全国会議/滞納処分対策全国会議/地域から生活保障を実現する自治体議員ネットワーク「ローカルセーフティネットワーク」/つくろい東京ファンド/TENOHASI/「なくそう! 子どもの貧困」全国ネットワーク世話人会/反貧困ささえあい千葉/反貧困ネットワークぐんま/反貧困ネットワーク埼玉/府中緊急派遣村/フードバンクネット西埼玉/労働組合「全労働」/非正規労働者の権利実現全国会議/反貧困ネットワーク/避難の協同センター/POSSE(50音順 2021年2月1日現在)
TEL090-1437-3502
Mailsetodaisaku7@gmail.com

代表者について

瀬戸大作

パルシステム生活協同組合連合会職員。

2016年7月に避難の協同センターを設立し事務局長を担う。他に反貧困ネットワーク事務局長も担当。新型コロナウイルス感染拡大に伴い仕事を失ったり、家賃を払えなくなったり、大学に通えることができなくなったりする状況を踏まえ、新型コロナ災害緊急アクションを設立し、現在も。相談者が待つ場所に向かい、緊急宿泊費と生活費を給付、福祉制度の案内に留まらず、生活保護申請同行やアパート入居を中心としたアセスメントまでおこなっている。

コロナ禍の年末年始、住まいを失う方にあたたかな居所と支援の手を届けたい!(クラウドファンディングサイト) 

タイトルとURLをコピーしました