コロナウイルスの影響で住むところや仕事がない・お金がない方へ

コロナ禍支援情報
コロナ禍支援情報

【追加情報】生活にお困りの方へ。合計最大200万円が無利子・保証人不要で社会福祉協議会から借りられます!(条件により返済不要)

2月2日、緊急事態宣言の延長とともに生活困窮者支援として、生活福祉資金の特例貸付の再拡充が発表されました。

現在、申請期間が令和3年(2021年)6月末日まで延長されています。

【緊急小口資金】

対象者:新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
貸付上限額:20万円

【総合支援資金】

対象者:新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
貸付上限額:
・月20万円以内(二人以上世帯の場合)
または
・月15万円以内(単身世帯の場合)
貸付期間:原則3ヶ月(今回の制度改正でさらに6ヶ月延長可能、つまり最長9ヶ月借りられることになりました

※緊急小口資金、総合支援資金のいずれも無利子・保証人不要で、かつ返済時に住民税非課税世帯である場合は返済不要となります。
【住民税非課税とは】前年の所得をもとに算出され自治体により異なるが、単身世帯でおよそ年収100万円以下で非課税になる。

【例:二人以上世帯の場合】

月20万円(総合支援資金)を9ヶ月間貸してもらえる。(合計180万円)
緊急小口資金と総合支援資金を併用することも可能なので、さらに月20万円(緊急小口資金)が借りられる。
したがって、合計で最大200万円が無利子・保証人不要で借りられることになります。収入が少なければ返済の必要もありません。

一度貸付を受けて期間が切れている場合も、再度お住まいの市区町村の社会福祉協議会に問い合わせてください。

参考:厚生労働省Youtubeチャンネル:①制度概要篇 ~「緊急小口資金」と「総合支援資金」貸付のご案内~

①制度概要篇 ~「緊急小口資金」と「総合支援資金」貸付のご案内~

コロナウイルスの影響で住むところや仕事がない・お金がない方へ

厚生労働省は現在、生活に困った場合は生活保護申請も含めた支援制度を躊躇することなく利用するように勧めています。

生活できないと悩んだり、ましてや自殺を考える必要は全くありません。

コロナウイルスによる生活苦・困窮状態で住居の家賃の支払いに困っているという状況であれば、昨今報道されている通り家賃についての「住居確保給付金」、また、生活費についての「緊急小口資金」など、行政のさまざまな支援策が打ち出されているところですので、一度最寄りの自治体に確認されてみてはいかがでしょうか。

緊急小口資金とは

新型コロナの影響により、休業や失業などで収入が減少した世帯を対象に20万円を上限に無利子で貸し付ける制度

住居確保給付金とは

離職、自営業の廃業、またはこれらと同等の状況に陥ったことにより、経済的に困窮し住居を喪失した方、または住居を喪失するおそれのある方を対象に、市区町村ごとに定める額(生活保護制度の住宅扶助額)を上限に、実際の家賃額を原則3か月間(最大12か月まで延長可能)支給する制度

TOKYOチャレンジネット(東京都)によるホテル提供

東京都「TOKYOチャレンジネット」では、インターネットカフェや漫画喫茶などで寝泊まりしながら不安定な就労に従事している方に対して生活支援・居住支援・就労支援及び資金貸付相談などを実施しています。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響による失業等により、住まいを失った方等に対し、区市と連携して一時的な宿泊場所を提供しています。緊急事態宣言の期間延長後、宿泊場所の提供期間も延長されていましたが、現在の蔓延防止重点措置期間中も、住まいを失った方にビジネスホテルを提供するとのことです

※緊急事態宣言の期間延長により、宿泊場所の提供期間が再延長されています。

1 利用対象者
  新型コロナウイルス感染症の影響による失業等により、住まいを失った方等

2 提供期間
  【延長後】再延長後の緊急事態宣言期間の令和3年(2021年)3月21日(日曜日)までの間
    蔓延防止重点措置期間中

相談しても対応してくれない場合は、お近くの民間支援団体にご連絡ください。

https://www.tokyo-challenge.net/pdf/reef_tokyo-challenge.net.pdf

女性支援/DV・性暴力被害などで居場所が必要な10代・20代の女性からの相談受付

売春や性風俗店で生活費を無理やり得なくても、生活保護や社会保障があります。

風俗を辞めたい、夜職から抜け出したい、売春や援助交際、パパ活辞めたい、という方は遠慮せずにしかるべき支援団体・関係者に相談してください!

特に、精神疾患、傷病を持ちながら無理して働く必要は全くありません!

また、10代・20代女性向けシェルター・シェアハウスを運営している一般社団法人Colaboでは、虐待や性暴力被害などから安心して過ごせる場所がない10代・20代の女性からの相談を受け付けています。

再び緊急事態宣言が出されることになったコロナ禍の今、ホテルでの宿泊を無料でサポートしています。

安心して過ごせる場所がない10代、20代の女性へ、ホテルでの緊急宿泊支援を行っています。

Colaboの緊急宿泊相談フォーム


さらに、NPO法人BONDプロジェクトでも、生きづらさを抱えた10代・20代の女の子のために女性による支援を行っています。

LINEによる相談も受け付けています

DVや依存症、ネットでのトラブル、ストーカー、妊娠、住む場所がない……。

そんな時は、一人で悩まずに相談してください。メール・LINE・電話でも相談を受け付けています。

コロナ災害・なんでも電話相談会・緊急事態宣言対応、緊急実施!

コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会実行委員会(連絡先:埼玉総合法律事務所)では、フリーダイヤルにて無料の電話相談会を2ヶ月に1回のペースで開催しています。

支援制度や法律に詳しい弁護士や司法書士、社会福祉士、支援関係者の方が無料で相談に乗ってくれます。

困っている方は気軽に電話してみてください。


【日  時】6月12日(土)10時~22時
【電話番号】0120-157930(フリーダイヤル)
上記時間帯、全国どこからでも無料でつながります。

【相談例】
・生活費を支援する制度について知りたい。
・収入が減ったので、来月の家賃が払えそうもない。
・バイトを切られ、学費を払えない。
・今すぐ生活保護を受けられるか。
・住居を喪失した。
・福祉の窓口で追い返された。
・コロナウイルスによる営業不振を理由に雇い止めされた
・休業手当が払われない。新しくできた休業支援金のことが知りたい。
・無理な働き方でコロナに感染
・学費の支払いや奨学金の支払いが困難
・フリーランスや事業者を支援する制度について知りたい。
・住宅ローンなど借金の返済に困っている。
・コロナで生きるのが苦しい。死にたい気持…
・その他、様々な支払いができなくなるので不安である。

4月24日の実際の電話相談受付現場の様子がYoutubeでライブ配信されました。

前半☆いのちとくらしを守るなんでも電話相談会に参加する仲間たちを紹介してみた

新型コロナ対策支援カード

弁護士さんが作成された「新型コロナ対策支援カード」です。

個人・家族向け

事業者向け

タイトルとURLをコピーしました