ワクチン打ってる人の方が逆にコロナに罹りやすい 高知大学医学部 佐野栄紀特任教授 CBCスペシャル

未分類

ファイザー社やモデルナ社のワクチンは、ウイルスの遺伝子データの一部を注入し、
人の細胞にスパイクタンパクを作らせることで、免疫を生み出す仕組みです。

このスパイクタンパクが炎症部分に集まっていたことは、何を意味するのか。

スパイクタンパクがバラバラあって、そこで局所で免疫を下げているために、
そこの局所のヘルペスウイルスの再活性化を促していると。

佐野特任教授は、ワクチン接種によって体内で作られるスパイクタンパクそのものが、
免疫力を低下させ、皮膚疾患など様々な副反応を引き起こしている可能性を指摘します。

副作用としてのスパイクタンパクの働きというのは血栓を作ると、
ローカル、局所の炎症を誘発するということもあります。

免疫力を下げると、感染症だって感染しやすくなりますよね。

最近問題なのは、ワクチンを打っている人の方が逆にコロナにかかりやすい。

人間の体にとって良くないもの、侵入してくるようなものに対するトータルの免疫がちょっとおかしくなるという可能性があります。

コメント