ワクチンの未来は?DNAから作る方法とは

未分類

ワクチンに対してはね、今後考えなきゃいけないのは、今までは、例えば細菌を潰して、汁を取って、ワクチンすると。

まあ、そこが基本なんですよ。

簡単に言えばね。

ところが、最近はDNAのあれがよくわかってきましたから、DNAからワクチンを作っていくというやり方で、早く作ろうという研究も進んでおります。

そのうちにはどうなるかというとね、

自分でウイルスを採掘して、採掘してこれを世の中に出すときに、ワクチンも用意しておいて。

あらかじめ。

そう。

で、ウイルスを流行らせて、10万人完成したと。

その頃みんながワクチン欲しいって言うから、はいって出すと。

そうなるでしょうね。

科学は必ずそういうふうに利用されますので、皆さんこのワクチンはよく考えたほうがいいと思います。

いきなりちょっと背筋の寒くなるようなお話。

まもなくそうなります。

コメント